早漏は過去のトラウマやPTSDなど心因性の原因もあり治療までには時間が掛かり苦労する

早漏は過去のトラウマやPTSDなど心因性の原因もあり治療までには時間が掛かり苦労する

早漏は過去のトラウマやPTSDなどが影響することもある

早漏は過去のトラウマやPTSDなど心因性の原因もあるので、必ずしも身体的な部分に問題があるとは限りません。
女性に馬鹿にされたり、ショックな言葉をぶつけられたことで強いストレスを感じてしまい、それがきっかけで早漏になった人はたくさんいます。
女性とのSEXが上手くいかず、それを悩み過ぎてしまう人も多いです。
誰でも最初は初心者なので上手くいかないこともあるのですが、男性は女性の前で格好つけたい生き物なので必要以上に無理をしてしまうこともあり、結果的に失敗します。
実際に心因性の原因で苦労している人も多いので、「自分だけかもしれない」と悩む必要はありません。
早漏で苦労している人はたくさんいて、その原因も様々です。
トラウマやPTSDなどが影響している場合はある時急に早漏になります。
予兆がないので対策をするのも難しいです。
放置して自然に治る人もいますし、なかなか治らずに苦労する人も多いです。

焦らないことも大事です

トラウマやPTSDなどが影響している場合は病院やクリニックに行き、カウンセリングすることが大事です。
そして無理をしないでゆっくり治療を進めるのも一つの解決方法です。
病院やクリニックに行けば専門家による指導を受けることができますし、医薬品を使った根本的な治療を受けることも可能です。
精神的な問題を解決するためには時間がかかることもあります。
過去の失敗を忘れることも大事です。
気持ちの切り替えができない場合は、自分が楽しめる趣味を持ったり、趣味の時間を増やしてみると良いです。
早漏治療と向き合い過ぎると苦労するので、楽に考えた方が良いです。
早漏で苦労しているのは自分だけではないと割り切ってしまうのもありです。
緊張し過ぎて上手くいかずそれ以降早漏になってしまうケースもあるので、まずは緊張しないテクニックを学ぶことも大事です。
緊張しそうになったら深呼吸をして、「きっと上手くいく」と考えるようにします。

まとめ

早漏は過去のトラウマやPTSDなどが影響することもあるので、深く考え過ぎない方が良いケースもあります。
トラウマやPTSDなどが影響している場合は、突然早漏になることが多いので予防するのは難しいです。
トラウマやPTSDが関係しているかもしれないと思ったらまずは病院やクリニックに行き、医師とカウンセリングすることが大事です。
しっかりカウンセリングをすれば気持ちも楽になりますし、根本的な治療を進めることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。